<(_ _)>ブログ移転のお知らせ<(_ _)>

★TrueNorth Newブログページ★
2012年10月より新ブログ開設致しました!
移転にともない、今後のお知らせ/レポート等は
新ブログよりご覧下さいませ。

TrueNorth NEWブログ!

★2012年★オススメツアー★キャンペーン★



フリーダイビングをやってみよう!

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波警報!!

2010年02月28日 13:02

こんにちは!

本日お店でお留守番の荒木です。


今日は皆さんご存知津波警報が発令されてます!

浦安も朝からサイレンが鳴り響いております。


本日ツアーに山本・阪本・千枝の3チーム海に出ておりますが、

只今全チーム高台に非難しております!!

ご心配なく(^^)


文字色皆さんも津波にお気をつけ下さい!!

ここで津波対処法です!!


◇◆高台など安全な場所に避難 
津波は時には想像もつかない姿になる。

過去の浸水区域や想定津波危険地区だけを過信しないで、いざというときは一段高台の、より安全な場所にも避難でき

るような心構えが必要。

◇◆車による避難は原則禁止 ちょっとした原因で車は渋滞し、津波に巻き込まれる危険性が高い。

1993年の北海道南西沖地震では、避難車両が渋滞し混乱した。

 ◇◆家財などの持ち出しはあきらめる
 貴重品を取りに戻って津波に巻き込まれた人、
持ち船が心配になって様子を見に行って津波に巻き込まれた人も多い。

数分の差で命をなくすケースもある。

 ◇◆津波が浸水を始めたら、遠くの避難はあきらめる
 近くの建物(鉄筋コンクリートなどの頑丈な建物)などでも、できるだけ高いところに上がる。

浸水している中では、漂流物にぶつかるなど転倒する危険が大きく避難できなくなる。

50センチ程度の津波でも、巻き込まれて亡くなるケースがある。

 ◇◆堅い物(岩場や堤防など)からできるだけ離れる 津波に飲み込まれた場合、岩やコンクリートなどの堅い物にたたきつけられて気絶したり、負傷して水死するケースが多い。

 ◇◆海岸に面するビルより、2列目、3列目の建物に
 やむを得ず建物(鉄筋コンクリートなどの頑丈な建物)に避難する場合でも、海岸の前面よりも、陰になる場所で、津波のエネルギーを少しでも逃れることが必要。



皆さん海を見に行ったりしないようにして下さいね!!

気を抜かないようお気をつけ下さい!


荒木

************ True North ***************
千葉県浦安市のダイビングショップ トゥルーノース
あらゆる海との遊びをご案内します!
スキューバダイビング
サーフィン・ボディーボード
イルカと泳ぐ
西伊豆田子ダイビング

お気軽にお問い合わせ下さい。
Tel:047-304-8915
Fax:047-304-8914
千葉県浦安市猫実5-3-35 BNTハウス1F
モバイルサイト: トゥルーノースでダイビング

有限会社 TORNOS
*******************************


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://truenorth.blog44.fc2.com/tb.php/923-e9544568
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。